前川喜平さん、おっしゃるとおり

2/28の拙文の中で危機感を訴えていた「全国一斉休校」問題。

昨日のTwitter記事の中で前川さん

https://twitter.com/brahmslover/status/
1266010342607347720?s=09

後々に聞く話では、専門家会議での議論の遡上にさえ上がらなかったことを、あの評判の悪いマスク同様に、総理自ら「政治判断」し文科省を巻き込み「全国一斉休校」を決め込んだと。

専門家会議の議事録もないんじゃ検証のしようもありませんが、逃げ回答としては、適切に行っているが議論詳細は機密に関わる項目もあり公表は差し控えたい、か。

過ぎ去った時間を取り戻すことも出来ない中で、せめて登校せずとも授業が受けられるシステム作りが急務な筈なのに、今もってそうした環境を作ろうともしていない。いつからこんなボロい国になったんだ。

前川さんにリツイートする中で、日本小児科学会としての見解は、

子供の新型コロナ感染に関する国内外の医学的情報を元に、学校の休校は流行を阻止する効果が乏しい上、教育や社会交流の場を奪い子供の心身を脅かしている。

とのこと。

パフォーマンスはもう結構だ、あんたたちにはもうお引き取りいただくしかない。

#さよなら安倍政権

暖活/ウォークジョグ11km

テレビ局近くの生垣

9:30 気温27℃

柳の枝が風に揺れ、ぶ~んと虫が飛んでいます。

遠くから高速鉄道の制動音が聞こえます。

南北延長3kmの運河沿いの街は一見、安穏。

途中、駅前で居酒屋を営むオヤジとばったり。犬に散歩されてるイメージ。

店を閉めて1ヶ月、だめだぁ、と。

どこも閉塞していますね、困ったもんだ。

沖縄からやってきた

手前の植物、熱帯原産の多年生常緑つる性の「シクンシ」。3年ほど前、沖縄のがん友さとちゃんが送ってくれました。

毎年、冬になると部分的に黄色くなり落葉するのですが、沖縄においても一部落葉はあるとのこと。

今冬も葉っぱがハラハラと落ち行き、家の者を心配させました。

しかし、画像中央上部をごらんあれ。

遅まきながら光の春を感じたようで、今年もつる性の新芽がすくすく伸びてきました。

夏にもなると、南国らしい芳香な花をつけるらしいですが、こちらではまだ一度も咲いてくれていません。

厳冬期のある本土では本来生育しない植物ですから、これからも大事に大事に育てていきます。

フリメシ freelance lunch

旧くより、働かざる者食うべからずと申しますが、しかし働かずともおなかは減るものでして。

本日の独りお昼ごはんをこっそりとご紹介します。

ご飯は昨夜の残りものをおにぎらず、味噌汁は今朝の残り物、香の物は省略し、橙は頂き物。

つまり「ある物」で、いただきます。

そうそう昨日、高知より大玉の文旦がこじゃんと(土佐弁)届きました。養生せいとのこと。

すまんね。

退職しました

昨日3/31を以て会社を退職いたしました。多くの皆さんと関わりがあったことを実感しています。長い間、本当にありがとうございました。

本日よりフリーランスとなりました。当面お世話になる国保は、先月のうちに加入が承認され、健康保険は切れ目なく維持されています。

ASXL1遺伝子+陽性とのことで、自ら動かねばならないことは重々承知しているのですが、気持ち的にまったく動きたくありません。

教授にも連絡せねばならないのでしょうが、気持ちの整理がつきません。

今、ウヰルスの巣窟に自ら向かうことをせずとも、コロナ終息まで待て、でいいと思うんです。