2020/3 教授からの電話

退職に向けてカウントダウンが始まった職場生活。同僚からは「あと何日?」「こんどいつ来る?」という問いかけの多いこと。気にしてくれてありがとう。と、そこに教授からメールが。

「体調に変わりはないでしょうか。J大から検査結果が返ってきました。夕方ごろお電話しても大丈夫ですか?」

そして夕方、

「ASXL1という遺伝子が+陽性でした。これと共存するというのはたいへんリスクが高いです。5年10年短期のスパンで見ると急激に悪化する場合があります。あなたには、この先まだまだ長い生涯があります。ここで移植の判断をされたほうが得策です。」

2018年に発表された最新のMIPSS-plus 1)で計算すると、現時点では、1点で低リスク(1-4期の1期)になります。しかし、白血病に関連するASXL1、SRSF2、EZH2、IDH1/2、SRSF2、U2AF1(など)の遺伝子異常がみられると、最大4点となり、高リスク(3期)になります。低リスク群(1期)は、15年以上の長期生存が期待されますが、高リスク群(3期)の予想生存期間は4年から10年です。しかし、従来の予後予測法で中間-Iリスクの場合、MIPSS-plusで高リスク(3期)になる可能性は18%に過ぎず、56%が低リスク(1期)、25%が中間リスク(2期)です。中間リスク(2期)の場合、予想生存期間は6年から24年です(まだ精度の高い研究結果は報告されていません)。

以前、教授が送ってくださった説明書きを掲載しています

電話で聞いていても埒が明かないので、早いうちに教授に会いに行かねばなりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中