暖活/日曜日ラン

ここのところ毎日欠かさずジョグ&ウォーク。これによりウェイトと体裁をなんとか維持しています。

さて、今日は自宅を出たところで西に暗雲。これダメかもと思いつつ、降ってきたら戻ろうとスタートしたものの、しばらくして案の定降り出し。

挙句、雨足がひどくなり軒下で雨宿り。画像左上あたりがそのエリアですね。

せっかく身体を暖めに行っているのに、雨で冷やしちゃ本末転倒ですし。

結局、止む気配もなくタクシーで帰宅。

帰宅と同時に「ジムに行ってくるわ」と、お隣にお住まいのお花の先生、すれ違いざまに一笑されましたとさ。

映画「新聞記者」見てきました

原作は、話題となった東京新聞望月記者の同名ベストセラー。

森友や加計問題を彷彿とさせる事件を正面に据え、政権による情報操作や世論操作は言うに及ばず、私たちがニュースで見てきた現実そのままが映画化されています。

「あったものをなかったことにできない」の前川喜平さんまでもが登場、総力戦と見ました(笑)。

「この国の民主主義は形だけでいい」との内閣情報調査室々長の言葉にぞーっとさせられましたが、こういうの実際言ってるのかもしれませんね、ムッソリーニやヒトラーの考えと何ら変わりないじゃないか。

国家戦略特区において化学兵器とか、内容的には無理もあり、取材場面における粗削り感は否めませんが、同調圧力ばかりが増すこの国において、現政権をターゲットとしつつこれほど骨太な作品を作った気概は素晴らしいです、あっぱれ。

ラグビーワールドカップ2019

#RWC2019

#One Team

ここまでたくさんの勇気をもらいましたけど、ジャパンの快進撃はとうとう止まってしまいました。

昨夜はNPOでも大型モニタを使ってパブリックビューイング。

いけーーと、みんなで応援しましたけど、善戦及びませんでしたね。

最後の田中史朗選手の涙には、やっぱりあんたもそうやって泣くんやねと、私もつられて涙をもらってしまいました。

One Team、たくさんの感動をありがとうございました。あなたたちはみんなの誇りです。

録り貯めた映像をBDに落とすべく、BD盤を買いに走り、さきほどからコピー作業を始めました。実は、今までこんなマメなことなどしたことないんですョ。

コピーすると解像度が下がるって知らなかった、SRはLSRへとダウンサイジングされるようです。
そんなことさえ今まで知らなかった。

発達障害の若者への支援講座

サブジェクトラインの件、世の中にはいろいろな名称の講座があるものですね。

今日はNPOの理事長からの薦めもあり、自閉症スペクトラム症の若者への支援講座に参加しました。

参加者僅少かと思いきや、こどもリハビリテーション病院の会場は満席の盛況ぶりでした。いやはや認識不足でした。

こどもリハビリテーション病院にて撮影。
車椅子に乗った正論派ゾンちゃんの背中も写ってしまったね。
「ワタシだっていろいろ興味があるし覗いてみたいワ」

今回の事例の当事者さんは、じつは当NPOのステークホルダーさん。

これまで早期退職を繰り返してきた当事者さんと、担当ソーシャルワーカーさんによる、二人三脚の取り組みが発表会形式で紹介され、随所に当NPOの取り組みも紹介いただきました、ありがとうございます。

大人になってから発覚する発達障害への対応の難しさもさることながら、孤立を避けるためのひとつの「資源」として、見守り支えていくことの重要性を再認識することが出来ました。

この当事者さんのラッキーポイントは、何よりもこのソーシャルワーカーさんと出会えたということですね。ななちゃん良かった。

一時間半という短時間の中、最後に当方の理事長より、自らのバツ話(笑)も交えつつ「今後も粘り強く支援していく」とした話も含め、私はつくづく人とのかかわりを大切にしているこのNPO活動に参加していて良かったと思いました。

心晴れれば、免疫力も向上することでしょう。このフレーズに繋げるために、前置きのなんと長いこと(笑)。

私は私なりに、今後も無理をせず、週に二日ばかりですが、ほんわかとこの路線を踏襲していきますね。

暖活 ジョグ/ウォーキング5.9km

先週末より急激な疲労感に襲われ、失速していましたが、昨日後半よりようやく回復してきました。

疲労感の理由は。。。休日返上で就労したことによるものでしょう。

消費増税前後の慌ただしい時期に、PC端末の更改作業をせよと本社指示。普通ならばこうしたオーダーは入れないものですが、どこかのカテゴリでボタンの掛け違えが発生し、当方はオーバーワーク、アタマもオーバーヒート。

おかげで週末の丸二日間というものは寝たきり状態が続きました。自分でもビックリですが、ドクター仰せの症状がついに大爆発したということです。

復活した今日は、ボランティアから帰宅し夕食後、妻と共にジョグ&ウォーキング。いい月夜です。

画像は新調したシューズ。
デビュー二日目、ホームグランドの給水施設にて撮影。

今週末は猛烈な台風が接近とのこと。

皆様どうかおだいじになさってください。

2019/10経過観察 骨髄線維症(MF)

3ヶ月ぶりに260km離れたドクターの許へとやってきました。診察を受け、帰宅便の車中にて備忘録中です。

結果として血球値に異常はなく、芽球値、前回のWt1mRNA値も許容範囲です。

この春、セカンドオピニオンの際、J大で遺伝子検査をおこなったのですが、その結果が出ているかなと思いつつも、まだJ大より返答がないとのこと。ちょっと気になります。

ドクターの話の中で驚いたのは、2017年にこの病気「骨髄線維症」の予後分類が変更となっていて、2年前までの分類で言えば、現在の私の状態はすでに骨髄移植の対象範囲なのだということ。

かの定義を重ね合わせれば、わたしゃ3/4の確率でこの世にもう居ないということです。

三回忌(笑)。

次回の経過観察は、「年内にもう一度ぐらいでいいでしょう」ということで12月にしていただきましたし、以前のように、その間隔に性急さはなくなりました。

ホント良かったです。

私としては、血液の状態がこれ以上悪くならないように心掛けるしかないです。

ドクター「お力添え出来ることがあったら何なりとおっしゃってください」

ありがとうございます。ドクターの存在こそが私の救いです。

慌てず急がず、そして欲張らずに生きていきますね。