2018/10経過観察 骨髄異形成症候群 (myelodysplastic syndromes:MDS)

「LDH」もしくは「LD」という検査項目。血液検査の検査項目にたしかあったな、その程度の印象しかないのですが。

今日の経過観察で指摘されたのは、その「LDH」の数値が徐々に高くなっていて、今日はなんと1,000を超えてきていること(正常値124-222)、今までまったく気づきませんでした。「LDH」ってなんですかと尋ねたところ、

LDH
白血病などの白血球の悪性腫瘍、その他のがんのときにLDHの値が高くなります。

突如として認識しなければならなくなった「LDH」もしくは「LD」、いつも軽く受け流していました。そういう数値だったのかと、さっそく過去のデータを紐解いてみました。(以下グラフデータ参照)

201810LDH

残念ながら、持ち合わせの検査データは4年前からのものだけ、データ抽出出来ず欠落も見受けられるものの、見た感じほとんど右肩上がりの直線的です。

2014年3月時点で300ほどだったものが徐々に高くなって、いよいよ今日は4ケタということです。もちろん主治医の手許ではアラート表示される中で、これを見過ごすわけにはいかないということでしょう。

これの意味するところは、以下引用となりますが、

 LDH(乳酸脱水素酵素)は、逸脱酵素の中でいちばん有名なものです。LDHは肝臓、赤血球、筋肉、悪性腫瘍などにあります。したがって、LDHが上がる病気には、肝炎など肝臓が悪い場合、赤血球が溶血などでこわれた場合、心臓の筋肉がこわれた心筋梗塞の場合、がんの場合などがあります。
LDHの正常値は、200から400国際単位くらいです。白血球の悪性腫瘍である悪性リンパ腫や白血病では、600から数千まで顕著に上がります。筋肉が大量に破壊される筋ジストロフィーなどでも同じくらい上がります。心筋梗塞や慢性肝炎では、400から600くらいの中等度に上がります。少し上がることはあまりありませんが、それぞれの病気が軽度の場合などにみられます。

LDHの値が高い場合にはがんの可能性も
問題はがんです。LDHの値が高かった場合、医師は悪性腫瘍が体の中にあることを頭の隅において検査します。がんでLDHの値が高くなっている場合、治療でがんが小さくなるとLDHの値は下がります。同じがんが再発すると、ふたたびLDHは上がっていきます。すなわち、LDHは腫瘍マーカーとして使えます。ただし、LDHの値が上がるがんもありますが、上がらないがんもあります。そのため、LDHの値が上がらないからといって、がんでないとはいえません。

先にものべたように、いちばんLDHが上がるがんは、白血球のがんである悪性リンパ腫と白血病です。

ということで、「LDH」もしくは「LD」これは腫瘍マーカーという位置づけのようです。今日は1,000超でしたが、これが数千にも跳ね上がっていく可能性があるということのようです。

ただし、これが増加したからと言って、ただちになんとかしなければならないというものではなく、主治医曰く「血球値やWT1やBlast値なども踏まえつつ見極めていきましょう」と。

私としてはだからと言って骨髄移植、ってことにはしません。

ゆっくり風呂につかって、わが人生について思い巡らすことにします。なにか思いつくことがあったらまたすぐ投稿しますね。

あ、旅行に行かないと(笑)。

免疫力アップにめかぶ

医学生理学賞受賞により免疫チェックポイント阻害薬オプジーボが脚光を浴びています。

領域の違う話で恐縮ですけど、免疫という言葉で括るならば、私は以前より淡々とめかぶ(笑)。

これは今朝 妻の作ってくれたいつもの朝ごはんです。ごはんの上にはめかぶ。

そもそもこのめかぶとは、わかめの根元のこと。そのぬめりの素が「フコイダン」だったり「アルギン酸」だったり。

フコイダンは免疫力の向上に、アルギン酸はデトックス効果も期待出来るようです。

一方で、話題のオプジーボは今のところ、MDSには有効に作用しないようで、今の私には直接的に関係はありません。

聞くところによると、当初の薬価は確か一単位70万円超という高額な薬でしたけど(年間数千万円にもなるという話をがん友から聞いています)、今春の薬価改正では半額以下になったようで、そうした意味では隔世の感です。

良い薬がどなたにも届く、そういう時代になることが待ち望まれています。